ローン地獄に陥らないために気をつけるべきポイント

・キャッシングはいくらでも契約できる?

安定収入があり、信用情報もしっかりしている人なら、キャッシングとは何社でも契約できます。契約時点で借り入れが無ければよいので、キャッシュバックキャンペーン目当てにカードを作っておくという人もいるでしょう。

ですが、全てのローンを利用開始してしまうと、とても収入だけでは返済出来なくなるでしょう。そうならないためには、どこに気をつければよいのでしょう?

・法的には歯止めがありますが

たとえ、キャッシングを何枚も持っていても、借り入れの際には総量規制という歯止めがかかる仕組みがあります。ですが、銀行キャッシングは総量規制の対象外なので、それをいくつも利用してしまうと、歯止めが効かなくなります。

・用途を問われない事の怖さ

キャッシングは利用目的を問いません。もし事業資金などとして利用し始めたら数百万円あっても足りないでしょう。そして、事業で返済するためには、その数十倍もの売り上げが必要です。利益率10%は優良企業と言われます。100万円の純利益のためには、1000万円の売り上げが必要です。返済がいかに難しいか想像できるのではないでしょうか。

・自制が難しいなら予防を

結局、使う人の自制心頼みという事になってしまいます。利用を開始してしまうとそこから抜け出すのは容易ではないため、最も借り入れ条件が有利なキャッシングを1つか2つだけ残して、残りは解約するのもよい手です。


このページの先頭へ